随筆春秋の電子ブック 

🔶 Amazonにて好評発売中 🔶

(IEではきちんと表示されません。お手数ですが、Google ChromeやMicrosoft Edgeでご覧ください )


「ゴルビー長田作品集」

ゴルビー長田

一般公募の文学賞に応募して入選した作品はあまたある。30 年に渡り、新聞や週刊誌などへ投稿し採用されたコント、川柳、短歌、雑文などのスクラップブックも5冊となった。筆者は、これらの作品を1冊の作品集にまとめ上げたいと予てより熱望していた。これがその本だ。

「六月の優しい雨」

崔 宣葉

普遍のテーマ愛とは。若き洋介と祥子の恋愛は想像もしなかった形で破局を迎える。洋介は癒されぬ想いを胸に抱きアメリカ中を放浪する。やがて彼は日本に戻り運命の赤い糸は2人を手繰り寄せる。15年ぶりに再会した洋介と祥子。彼らを待ち受けていたのは過酷な現実だった。

「昭和の日々」

柳田 節 

副題は《団塊の世代に贈る+オウム事件の意味するもの》。内容は、「懐かしい!」と思わず口をついて出るような昭和の少年時代の思い出をつづったエッセイ集 。TVドラマ「名犬ラッシー」も登場。昭和考では、オウム事件の意味するものは日本文明の壊死ではないか、と追及する。

「虹に向かって」

杉浦 清子

私の全エネルギーを、情熱を注いで築きあげた会社が消滅してしまった。私のこれまでの人生は何だったのか。呻きのようなものが口から漏れる。書かなくては一歩も前へ進めない心境だった。原稿用紙に向かって書き始めた。これまでの思いが一気に吹き出てきた。初めてのエッセイ集。

「私の伯楽」

濱本 久子

生命保険会社を退職してから十年余りの歳月が過ぎたが、阿久津モトさんとは、在職中と変わらないお付き合いをしている。阿久津さんは、退社を申し出た劣等職員の私を一人前の職員に導いてくれた方で、私は密かに「私の伯楽」と呼んでいる。

 

「苦難の中に光あり」

上條 初枝   

大正期に甲州街道の宿場町・上野原で生まれ育った筆者は、物不足の時代は裁縫で身内を助け、昭和期には祖国のため身を尽くす。敗戦の混乱期でも希望を見失わず一貫して新聞や雑誌にもよく投稿した。それをまとめたのがこの本だ。彼女が苦難の中で見つけた光がここにはある。


🔶「昭和の日々」の無料キャンペーンをAmazonで行います 🔶

 🔸6月10日午後4時から11日午後3時59分

 🔸6月17日午後4時から18日午後3時59分